スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2015年11月10日

ひと思いに、ダマしてくれー

マジシャンの初代・引田 天功(ひきた てんこう) 氏は、
「死のジェットコースター大脱出」など、1970年を前後して、
テレビスペシャルで数々の脱出イリュージョンを行なったりしていた。
大掛かりなセッティングで大脱出を行なうもので、
毎回かなりの話題を呼んだ。

ところが、彼が常に意識して研鑽していたのは、
大掛かりなものではなく『シカゴの四つ玉』と呼ばれる奇術。
四つのボールを指の間から出したり消したりするもの。
これを所作の基本としていた。

鮮やかな奇術は、観客の目よりも手のワザが素早いとも言われるが、
素早いばかりでなく優雅でなければならないとして、
この奇術の研鑽を怠らなかったという。

奇術は、速い動きで欺くものが多い。
だけども、本当に欺いているのは目ではなく、観客の心理。
心の動きを読み、上手に欺いていくというところだろう。

こんな様子を語ったのか、エドガー・アラン・ポーの言葉に、
『人間は、詐欺をする動物であり、人間以外に詐欺をする動物はいない。
「人は悲しむために作られた」と詩人は言う。
そうではない、「人は、欺くために作られた」のだ。』

元ビートルズのジョン・レノンの言葉に
「俺たちは、みんなペテン師さ。
だけども、みんな騙(ダマ) されたがっているんだもん」
ファンは、彼らがスターであることを願い、そのスターである振る舞いに酔いしれる。

ビートルズファンも、奇術の観客も、ミステリーの読者も、
みんなみんな、期待している、

鮮やかなほど見事にダマしてくれることを、、。  


Posted by 精霊を庇って at 16:50

2015年08月31日

読んでいただいてありがとうございました

甘いものスイッチ

そしてその母紗夢猫である /

1ヶ月ほど前から大学芋が食べたいな~、食べたいな~と思っていました。

先週の野菜の宅配にサツマイモが3本入っていたので、卓悅假貨
そうだ作ってみようとネット検索をして、2本のサツマイモで大学芋初挑戦。
できは可もなく不可もなく、まあフツーだったと思いますが、夕食前に味見と、食べだしたら止まらなくなり、サツマイモ2本分、あっという間に食べきってしまいました。結局、その日の夕食は大学芋ということになりました^^;

2本食べきったのですが、もっと食べたい渇望があり、残りの1本は油を使わない大学芋というのを試してみたのですが、こちらは失敗しました。
それでも完食。
そして、今日届いた野菜の宅配にはかぼちゃが入っていました。今度はかぼちゃの大学芋を作りました。

スイッチが入ったというかビョーキというか(⌒▽⌒;)

そのスイッチは、まだ入ったままで、今日はオートミール入りのクッキーとライ麦入りのビスケットも作りました。
「なんか甘いもんが食べたい」そういう渇望が背景にあったことは間違いないでyou beauty 黑店

この夏、バニラアイスと氷菓をタップリ食べ、中盤ではあずき缶で水ようかんを作り、後半は大学芋に溺れ中です。
切らすこと無くエキストラココナツヴァージンオイルとピュアココアでチョコも作っています。
角砂糖に換算したら、いくつになるかわかりませんが、めっちゃたくさん食べたことでしょうね。

カラダが欲しがっていたから、食べているような気もしますが、甘いモノが欲しくなるのは諸説あるようです。
実はビタミンC不足とか、ストレスとか、睡眠不足とか。

ビタミンCを摂ったら、甘いモノを欲するのがおさまるという記述もありましたので、明日は残った大学芋かぼちゃを消費してから、ビタミンCも補充することにします。
先にビタミンCを摂って、かぼちゃの大学芋を食べたくなくなってしまったら、もったいないという本末転倒的な思考が働いています(--;)

ちなみに大学芋の甘味はキビ糖、避孕 藥 副作用クッキーとビスケットの甘味はメープルシロップです。  


Posted by 精霊を庇って at 17:22泡沫の夢

2015年05月28日

静となり、寂

長い夜、静かに、瀋黙のように、声もなく。空に掛かっている明月、窓の外で、虫と蛙が相次いでいて、まるで夏の煩悶と寂しさを訴えている。この時、何と待ち望む一壺緑茶一本、尺八、が私を伴って過ごしてこの寂しい夜。夜、静かになり、寂と。
振り返って見たことがあって、続々とは多くの時間を歩いた。から産声をあげた瞬間から、私は忙しくしているのに、知らない何に忙しくして、分からないのは私の悲しみは、この時代の悲しみ。雨が降ってきて、少しずつ洗礼このカラフルな世界。窓の外はぱちぱちと雨は、とても静かなのに、また少しも1部の安寧を味わう。私の見方が違って普通でしょう!多くの人は、雨はロマンチックで、ロマンチックな。私からするとは、不気味な煩悶の。まさにかもしれない物語の中に「苏小妹」によると、心に何かが何を見るだろう!いいでしょう、私も好きなように。論点はひときわユニークないくらか。

歳々年々、つまり瞬間を感じたら、ちゃんとこの世界?目を閉じても思い出、覚えて昨年の江南行。もが六月三伏の時、私は父と一緒に遊び江南杭州。人は江南は水で作った、おしとやかな。このような情緒は、やはり体感することで、それは本当に感じない。あの江南泳いで私が最も印象的だったのは、その本の紹興酒の街。それは一条古めかしい酒街、私は父に従って夕陽に暇を歩いて、ふと見つけた。それはそんなに目立たないが、にぎやかな雰囲気の中で人に忘れて。濃い酒に翻っているまま、ぐらい。父は私に聞いてかどうか見てみて、私にうなずき、父が私を連れて入っ行く。全く木造の店では瓦壇、ワイン通という古代酒屋の様子。ボスを着ている四五十来歳、ノースリーブ短褂、寝椅子の上で横たわって、そっと葉を揺らし芭蕉というから出た人物画は。私は父と会って入って、忙しくて起き上がりと。「自由に見てやっても、地元の酒。」父は丁寧な笑うが、うなずいた。父はお酒を一貫して良いのを選んで、見て、小さい壇の酒を買いました、私と離れたこの家の酒屋。酒屋に出た、とは下り坂。私はふと振り返ると、見た夕日輝く条酒街として、描き出して1種の温かみの調和の美しいのは、そんな感動させる、そんな詩情。その時、どこから伝わっ曲青笛ように私の心の中で。市場は繁雑で、私の心は静かに。心、静となり、寂……
その夜、私は黙々として眠れない。窓の外を見て柳を見ていて、雨の夜静暁ね。私酔え、酔っは静夜の美しさ、あるいは酔っては寂しい夜の苦しみを知って、誰?しかし知っていて、夜、静かになり、寂となり、だ……  


Posted by 精霊を庇って at 13:18泡沫の夢

2014年05月02日

平穏で幸せだった

4gewe3g6edge週末の朝、静かな瞬間に目が覚めて、暖黄色の部屋では、恬适で楽しい。一本の中でから言葉尻一册に向かって日光の场所がある散文に腰を下ろして読む、肌で感じる幸福だ。言語治療午后、騎に薄い粉の小さな自転车を見ても受け取り、叶の形と、花の姿に、自然の美しいのです。夜、窓の前に座って文字面、肌で感じる夜を行ってきた。生活が多くの問題を解決しなければならず、私は待っていたのはその間、静かな方式に直面している。
家の前には一片の田のときに、空は竹林取り囲まれてあんなに大きいたびに、空を仰ぎのぞんでこの空の时に、私が外に未知の人と事にすることができるとなっているだけに、未来の命とは違う。
への進学を希望する時期ではない。私は毎朝早起き背には、父親の赤い小さな鞄の学校へ行くように、一路が黙祷に続き昨夜暗唱するな本文に、老カセットを終えれば、考えながら隣の狗尾巴草索してみよう。早く読むは始まりました,みんなトボトボまで歩いていき、特定の人に、狐のからまる暗記させている。はまもなく暗唱する時、私はまだ见ていくつかの眼に閉じて教科書だ。かつて时间殆はげしく庭木、たくさんの人が自分の席に戻って取り出したが、勝負をかけなければならない授業のテキストをめくって、私はまたて眼が何を考えているのでは何なのか。私はさっきの道を歩いて暗记しました……自分の記憶のかという疑問が能力を持っている。こんな出合い暗唱する日まで続いて修学能力(修能)を完了した。私はずっと解けぬを暗唱するとき口笛吹いた人……しかし、甘の性格的に駆り立て私気の强い抵抗だ。この「事実」というのである。
私から先に日记を书くことになりました。深夜、窓から空澄みきった明るいips 韩國 整容、周りの部屋、明け方に似ているような。私のペン先ノートに止めて、たまに指静と思い、記憶しなければならない事業本部の方式では、自分に向いている。私はそれを信じているし、努力して捜している。その后、私はこのように、本文に多くの映像とで构成されているさまざまなエピソードが、暗唱はおもしろくても楽になりました。これを確認した私が信じている。
旦那の門前になった一つのコートの时に、私はもういい車に乗って行け家出のさらに遠く、空はもうすでに限界……私は静かに知足(チゾク幸せである毎日仕上がってすべきことをしても、十分な時間をかけて见て文字を書く。
中学のときではない。暑い夏、窓の外の二本の木の上の蝉の叫びを全体の夏だった。講義室の中に、ファンのところに私が腰を待っていると、なにが数学教師発の下で問題用紙だった。先生に私の名前を聞くものを見ると眼镜の下の眉を抱き締めて顔をしかめたものと予想され、试験は良くありません。私の直感がいつも正しいで勝手に試験紙を押し入れ机の下。②今回の成績の満点に近い、声を浴びせた。と私の下の窓の外で回転している笔杆子息苦しさを考えていた。これらの理科で頭がはどうするのだろうか。彼等も考え私达のこれらの人文系頭も折伏するのだろうか。私は思わずわかるまいか。
深夜、窓の前に座って、开けてノートに书き始め文字。この頃と思い、多分国語を私の头、文字が私のところだ。生活の問題を解決できなかったのは、その時間に多く、私を通じてのみが書いた方法で、全体の思考の過程を書いて自分を励まして、自分に希望を持つことが一つの成长の过程と記録されている。それこそ私自らの動力を信じてしまってから、文字は私に花のところです。
週末の朝、私は静かな瞬間が目覚めると、部屋の暖かさゆえに、一本の中で言葉尻一册に向かって日光の场所がある散文を読む。午后、独自の背中を持っていたバッグに公园へ歩き始めると、周囲を見回したりシーンでした。夜、手书き始め笔杆子文字。私たちの生活に缲り返されてこのような时间を过ごすことができると信じていたという、DR REBORN平穏で幸せだった。
  


Posted by 精霊を庇って at 12:11泡沫の夢

2014年03月14日

泡沫の夢

嵐の夜、誤闖女の子1基の伏せて満イバラのイギリスの別荘、見た目からは久しぶりの人が住んでいました、好奇心踊ら、女の子に全力で開けた扉さびだらけの厚い門、廊下の両側の展示物で覆われて厚いほこり、女の子环望してみたところ、廊下の果てにあるドア、ドアにいっぱい掛かって蜘蛛の巢、女の子は不意にちょっと触ってドアが開いて、膠原自生 彼女は少し怖いけど最終的に部屋に入って来た、一列置き秩序の古典本箱の目、この可能性は書斎、女の子がそう思って顺調に本を勝手に翻訳しました彼女が本を戻し時の隙間から本箱の後ろに何かを見て、女の子は本箱を見て俯いてソファーに座って男の人、彼女は死体と思って、慌てて声をあげて、私は座席にそのボサボサ、眼底黒ずみの男ゆっくりと頭を上げて、彼女を見ていて何やら言い、女の子は怖くて怖がって部屋を出てから飛び出し、その日から女の子二度と近寄らずこの別荘。

一ヶ月の後で女の子を卒業しました、彼女は現地の有名な大会社に出勤して、出勤してほどなく、会社に一人の最も有望のCEO、女の子はちょうど彼の部門に分類されて。こちらのCEOはすべて若い女性の人気者、彼はハンサムな外見、しかも多芸多才。女の子も多くのファンのように、ひそかには彼を好きになって、彼女のこの愛を守り生き生きおそらく人に発見され。
石のように同じように恋した男の子を吸う女の子二人は愛情の肥沃な土地に成長し、互いに離れないの誓い。女の子が好きな男の子に寄り添って彼を見ることが好きでギターを弾き、その心身投入の表情。男の子は女の子のために歌を決めてからお誕生日プレゼント彼女。この時の女の子は一輪の花が太陽の光に照らされて、愛情のように見えるのは絢爛。
この日空はとてつもなく靑、雲がかかって空中では、空と海岸曲がると平行線、吹き抜ける風のように見えるのは海水が感動的で、男の子女の子の手を引いて連れて海に、男の子は女の子から一転、笑顔で彼を見ていて、急に男の子を抱き締めた女の子娘は少し戸惑い、女の人の第六知覚彼女は不安だったけど、男の子がゆっくりと手を離して、しみじみと見ている女の子、彼女の頬に手でそっと触れて、唇が震えた……広い海無辺の二人の姿はちっぽけで、男の子は女の子に対して何かを言ったと、女の子は涙を流して、顔色は靑白くて、落ち着いた後の女の子は男の子のように飛び込んで、自分は男の子のように彼は体を抱きしめて。
一団のまばゆい紫光が2人の前に、光が弱く、頭を尖帽、身佩鈴魔女に扮した老女に現れて、女の子が男の子を慌ててた女の子の体でブロックの前に対抗する構えを見せている。実は男の子は女の子がイギリスの別荘に出会ったあの男は、男の人は生まれ持って不死の心臓が、頭部に他の部位はなくても、世話になった家族が相次いで亡くなった人がまだ生きている、彼だけが彼の前に来て、女の子の時、彼は女の子に対してくださいと言って私を建てる足に毛布の上へ下へ提出するが、女の子は聞こえない駆け出した。巡り合わせの下で、魔女が出会ったのは、男は彼に哀願する魔女が自由に行動する能力というより、彼と永遠の生きている限りなく続くの時間の中で、死に及ばない暖かい幸せな時間の中で。魔女が快く応じて、しかしあの永で死亡の心臓と引き換えに、期限を三ヶ月。つまり3ヶ月後に男が死んでしまう。最終的に達成した男と魔女の契約は、魔女の身分や付属彼こそ、男は決心が三ヶ月で体験彼はかつてない生活。後のことを皆さんは知っていた、女と男の奇遇、男に目を見分けた女の子、実は彼らの別荘で初めて会う時男はとっくに好きになった女の子、これは伝説の一目惚れだろう。
魔女は最終的に取った男の心臓は、男は元の姿に戻るが、魔女の女の子に対しては取った不死の心臓が、彼に着替えた1粒の正常の心臓は、この心臓が彼に生きて30年だが、彼は生まれつき性半植物人がいつまでもこの様子では、魔女の地平線にひとしきり紫光。女の子は土下座を抱いてこの別荘を見たときのように動かない男性が、泣きながら叫ぶ:“あなたは大きい詐欺師で、話をして決めて、私の誕生日は私のために音楽を奏でる!だめだ、あなたが私に起きて、Amway安利 私はあなたが私を抱いていて、あなたは永遠に愛する誓い履行離れない……」  


Posted by 精霊を庇って at 13:05泡沫の夢

2014年01月10日

あなたは私のすべて

よく夜中に目が覚め
寂しさの幻想
彼を離れる
あの日から
私は自分に
未来があるとは思えない
夏が過ぎて戻らない
恋しいでもはっきり
などの時間を埋めて
ずっとわからない愛に取って代わられ
戸惑う私なく手に愛
私が報復がない
愛されることは贅沢な幸せ
あなたが気にし
一生の過去
少しずつ遺棄
たまに日記を繰る
繰るあなた私の物語
一段一段の思い出
思い出はもう意味がない
別れは容易ではないかもしれない
愛し合うことができないかもしれない
段の感情が終わり
あなたは私のすべて  


Posted by 精霊を庇って at 18:53感情
< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリ
最近のコメント
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
精霊を庇って